HOME   >   ご利用の皆様へ   >   診療案内

診療案内 ご利用の皆様へ

診療案内

当病院は、急性期、回復期、慢性期、身体合併症の病棟をはじめ、認知症・老年性精神疾患病棟、社会復帰訓練施設、併設の精神科デイケアセンターなど、施設の複合化により入院医療から地域移行までの包括的サービスの提供を行っています。

診療科目

精神科・内科・歯科

歯科については原則として入院患者様を対象としています。

治療について

診察 外来 入院

患者様それぞれに主治医である専門医が診察、治療を行います。

薬物治療の支援 外来 入院

1. 薬剤管理指導
薬剤師が患者様一人ひとりに合わせたプランで、服薬指導や服薬支援、処方薬の確認(投与量、投与方法、投与速度、相互作用、重複投薬、配合変化、配合禁忌等)を行い、患者様の状態を適宜確認した効果や副作用の状況把握等を管理し、症状を改善できるよう支援しています。
服薬相談
患者様に薬の飲み方、薬の効果や副作用等を説明する服薬相談を行い、退院後の生活「QOL(Quality Of Life)」向上のお役に立てるよう取り組んでいます。
処方最適化
患者様や病棟スタッフの声を反映させ、更なる治療効果を得るため、副作用を最小化するために、お薬の専門家の観点から処方設計・変更等の診療支援に取り組んでいます。
2. 入院時持込み薬の確認
他の病院で処方されたお薬や、薬局・薬店・ドラッグストアなどで購入されたお薬、健康食品、サプリメントなど全ての持ち込み薬の確認を行っています。当病院で処方されたお薬との飲み合わせや、類似薬が重複していないか等を調べます。
お薬などを持ち込まれる際には、病棟スタッフにお伝えください。

検査案内 外来 入院

検体検査

血液、尿、喀痰、便等の検査を行っています。

生理検査

心電図検査、脳波検査、心エコー検査、腹部エコー検査等を行っています。

放射線検査

X線単純撮影検査、CT撮影検査等を行っています。

内視鏡検査

内視鏡検査を行っています。

心理検査

臨床心理士による各種心理検査を行っています。

リハビリテーションについて 外来 入院

当病院では、精神疾患をお持ちの患者様のリカバリーを支援するため、心身の機能の維持・回復そして生活全般の質を高めるためのリハビリテーションを実施しています。

食事について 入院

食事時間

朝食8時・昼食12時・夕食18時

対面式キッチン

対面式キッチン

一部病棟では、厨房を設け揚げ物・焼き物・めん類などの調理及び盛り付けを行い、調理から食事までの時間を短縮し温かいままめしあがっていただけるシステムを取り入れています。

保冷車による配膳

温冷配善車画像

食事は、保温、保冷配膳車を使用し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たくめしあがっていただけるようにそれぞれの食事を適温で提供しています。

栄養相談

栄養相談

管理栄養士による、栄養相談を行っています。 栄養給食課のページはコチラ

・何をどれくらい食べたらよいかわからない
・食事のことを聞いてみたい
といった方は管理栄養士がわかりやすく説明します。
まずは、担当医師にお申し出ください。

各種相談や支援 外来 入院

地域連携室には、専任の精神保健福祉士(PSW)が配置されています。
外来及び入院の患者様やご家族様に対する個別相談や、病院家族会「朝美会」への紹介等を行っています。また、保健所家族教室への参加や協力、関係機関などの会議に参加し、患者様の支援ネットワーク作りを行っています。業務においては、丁寧かつ迅速に問題解決ができるように心がけています。

精神保健福祉士

精神保健福祉士は、患者様・ご家族様が病気によって生じる様々な問題や悩みの相談を受け付けています。皆様の問題や悩みが、解決・軽減できるよう、一緒に考えながら相談に応じます。

  1. 受診や入退院の際の相談
  2. 療養上の相談
  3. 経済問題の相談
  4. 家族相談
  5. 就労・就学相談
  6. 住宅問題の相談
  7. 精神保健福祉サービスや他の施設などの紹介
  8. その他の在宅生活に関する相談

その他、お困りのことがありましたら遠慮なくご相談ください。

心理士

心理士は、受診された方々の診療の補助として、心理検査やカウンセリング等を実施しています。
これらは、主治医からの依頼のもとで実施されます。

※当係へのご相談等は、主治医の依頼のもとに受け付けていますので、まずはその旨を主治医にお伝えください。