HOME   >   病院の紹介   >   病院機能紹介

病院機能紹介 病院の紹介

病院機能紹介

精神科救急病棟・精神科急性期治療病棟

 精神科救急病棟(2病棟:81床)は、県内で当病院だけの病棟です。精神科急性期治療病棟(1病棟:52床)と併せて、医師及びコメディカルスタッフが、チーム医療により病院理念で掲げる「いつでも、安心して、入院できる病院」の実践に取り組んでいます。各病棟とも急性期症状のある患者様に対して、治療的人間関係を築き、薬物療法や精神療法、精神科作業療法、認知行動療法やSST等の各種専門療法を用いたリハビリテ-ションを実施し、病的体験や心理的不安の軽減を図りながら、1~3ヶ月以内の早期退院に向けて支援を行っています。

また、当病院は、愛媛県中予圏域の愛媛県精神科救急医療システム整備事業及び二次救急精神科医療支援体制整備事業並びに愛媛県DPATに参画するなど、愛媛県の中核的な精神科病院として、夜間・休日における精神科救急医療を必要とする患者様の治療に対して積極的に取り組み、地域の精神科救急医療に携わっています。

認知症・老年性精神疾患病棟

認知症

1東病棟(50床)は、認知症や老年期の精神的な障害を抱えられた患者様に対して、専門的な治療とリハビリテ-ション、ご家族様への支援等を行い、健康の回復と早期退院に向けた支援を行っています。

精神一般病棟

精神病棟(7病棟:352床)は、急性期治療を終えて回復期の治療が必要な患者様や、アルコ-ル依存症治療の必要な患者様、内科治療の必要な患者様等、患者様の病状に応じた病棟において、集中的かつ専門的な治療と退院支援を行っています。

また、看護補助加算1の基準も満たし、チーム医療の専門性を高めています。

特殊疾患病棟

特殊疾患病棟(3病棟:151床)では、特に長期に渡り療養が必要とされる患者様に対して、集中的かつ専門的な治療とリハビリテ-ションを実施しています。

また、常勤内科医による適切な身体合併症治療が行える体制も整えています。

病棟紹介1 病棟紹介2 病棟紹介3

病棟紹介

本館




病床数 52床(1床室12床)


病床数 54床(1床室10床)
施設基準 精神病棟入院基本料(15対1入院基本料) 施設基準 精神病棟入院基本料(15対1入院基本料)
病棟機能 女性閉鎖病棟 病棟機能 男女混成開放病棟



病床数 53床(1床室6床、保護室3床)


病床数 42床(1床室19床、保護室3床)
施設基準 精神病棟入院基本料(15対1入院基本料) 施設基準 精神科救急入院料1
病棟機能 男性閉鎖病棟 病棟機能 男女混成閉鎖病棟



病床数 39床(2床室6床、保護室21床)


病床数 52床(1床室9床、保護室3床) ※結核モデル病床1床
施設基準 精神科救急入院料1 施設基準 精神科急性期治療病棟入院料1
病棟機能 男女混成閉鎖病棟  病棟機能 男女混成閉鎖病棟



病床数 53床(1床室3床、観察室4床、保護室2床)


病床数 45床(1床室11床、保護室2床)
施設基準 特殊疾患病棟入院料2 施設基準 精神病棟入院基本料(15対1入院基本料)
病棟機能 男女混成開放病棟 病棟機能 男女混成開放病棟

別館




病床数 54床(1床室4床、保護室1床)
西

病床数 現在、休床中
施設基準 精神病棟入院基本料(15対1入院基本料) 施設基準
病棟機能 男女混成開放病棟 病棟機能



病床数 49床(1床室4床、保護室1床)
西

病床数 47床(1床室4床、保護室3床)
施設基準 特殊疾患病棟入院料2 施設基準 精神病棟入院基本料(15対1入院基本料)
病棟機能 男女混成開放病棟 病棟機能 男性閉鎖病棟



病床数 49床(1床室4床、保護室1床)
西

病床数 47床(1床室4床、保護室3床)
施設基準 特殊疾患病棟入院料2 施設基準 精神病棟入院基本料(15対1入院基本料)
病棟機能 男女混成閉鎖病棟 病棟機能 女性閉鎖病棟



病床数 50床(1床室5床、2床室16床、保護室1床)      
施設基準 精神病棟入院基本料(15対1入院基本料)    
病棟機能 男女混成閉鎖病棟